Second hand mini-car

軽自動車は中古品からチョイス|破格でゲット

人気の車の装備とは

ドライブレコーダーを設置

ドライブレコーダー

車の装備はいろいろな種類がありますが、最近は特にドライブレコーダーが人気です。この装備は自動車専用の記録装置の事で、運転席から前の環境や車内の状態を画像と音声で記録する事が出来ます。車内の状態も記録出来るので家族でのドライブの際には、一つの思い出として映像を後日楽しむ事も可能です。それ以外にも万が一交通事故等のトラブルに巻き込まれた際に、ドライブレコーダーの記録が一つの証拠として強い力を持ちます。例えば交通事故に巻き込まれて加害者がハッキリしない場合等において、この映像は揺るぎない証拠として使う事が出来ます。そのため現在ではタクシーやトラック等だけではなく、一般の人が万が一を考えて設置するケースが増えています。ドライブレコーダーの設置を考えている場合には、その種類をきちんと把握して選ぶ必要が出てきます。一番代表的なドライブレコーダーの種類の違いとしては、録画の形式がどうなっているかという違いになります。具体的にはドライブをしている最中はずっと録画をするのか、車が衝撃を受けた時にのみ録画するのか等です。後者の種類は交通事故等の万が一のトラブルのために、ドライブレコーダーの設置を希望している人が付ける事が多いと言えます。それ以外にも車の速度や位置等を記録出来る種類等も存在しているため、目的に合わせて選び分ける必要があります。あまりにも種類が多くて自分で選ぶのが難しいという場合には、お店のスタッフに相談するのも有効です。

正しい情報を提供するには

ドライブレコーダー

自動車を運転していて、事故に巻き込まれた場合、自分には責任がないのに罰金や賠償を求められてしまうことがあります。それは、『自身がアクシデントを起したのではない』という証拠を、きちんと提示することができないからです。目撃者がいればまだ良いのですが、当事者同士の証言しかなければ、責任を回避するのは難しいでしょう。もしも、事故にあってしまったとき、警察に無実の証を伝えたいと考えているなら、ドライブレコーダーを自動車に搭載しましょう。ドライブレコーダーならば、映像や音としてアクシデントの瞬間を記録しますので、人間の証言よりも信頼できる情報を提供できます。そのドライブレコーダーはカー用品店に訪れれば、簡単に購入ができて、取り付けもおこなってもらえます。自分で装着する方法もありますが、自信がないのならプロに頼んだほうが確実でしょう。なお、現在では、吸盤で簡単に素人でも取り付けられる小型のドライブレコーダーまで存在しています。本格的な製品よりも性能は劣りますが、購入してすぐに導入できるため、試してみたい方にはピッタリの製品でしょう。小さなドライブレコーダーなのに、詳細な映像と音を記録するので、事故の備えとしては充分です。また、自動車メーカーが、純正品として販売しているドライブレコーダーを装着することもできます。社外品よりも費用がかかる場合が多いですが、デザインの統合性は取れますので、完璧なスタイルが良いのなら導入を考えてみましょう。

万が一に備えて設置

駐車場

自動車を運転している人の多くは自分は交通事故に遭わないと思っていますが、交通事故は必ずしも自分のせいで起こるというわけではなく巻き込まれてしまうという可能性も十分にあります。しかし、もし自分が交通事故に巻き込まれてしまっても自分に非がないということを証明するのは簡単ではありません。そんなもしもに備えて設置する人が増えているのがドライブレコーダーです。ドライブレコーダーは、万が一に起きてしまう交通事故の瞬間を記録することが出来るため、安心して運転出来るように保険として効果を発揮してくれるのです。また、交通事故だけではなく、いたずらや車上荒らしなどの被害に遭ってしまった時にもドライブレコーダーはそれを証明するのにも役立ちます。認知度が高まってきているドライブレコーダーですが、まだまだトラックなど業務用の自動車に比べて、一般の自動車は取り付けている人が少ないのが現状です。しかし、以前と違ってドライブレコーダーの価格も下がっているために、一般の人でも十分取り付けることが可能な価格となっています。ドライブレコーダーはその種類や価格にも大きな差があるため、数十万円のドライブレコーダーとなると気軽に取り付けることは出来ませんが、安いものであれば数千円で購入することも出来ます。前方だけではなく、後方もしっかりと記録出来るドライブレコーダーが欲しいという場合でも、数万円の費用で設置することが可能となっています。