Second hand mini-car

軽自動車は中古品からチョイス|破格でゲット

比較をしてから購入を

大切なのは情報を読むこと

自動車

マイカーを購入するときに、普通車よりもずっと税金が安く済む軽自動車を候補にする方も多いでしょう。最近の軽自動車はパワーがあって坂道もスイスイと上ることができ、乗り心地も良いので、普通車でなくても良いと考えても当然です。しかし、新品ではなく中古として軽自動車を購入しようと考えるなら、気をつけるべきことがあります。それは、様々な中古店を回って、多くの情報を集め、きちんとそれらを比較してから購入することです。比較は当たり前だと考えるかもしれませんが、人気がある軽自動車は普通車よりも価格が高いこともあるため、より慎重な比較が大切になるのです。なお、中古で購入するのなら、値段を見る前に、走行距離と年式を必ずチェックするようにしましょう。それらの数値が極端に悪い場合は、安くて当たり前なので、値段を先に見る必要はありません。予算を設定するのも良いですが、納得できる走行距離と年式を決めてから、中古店におとずれるのも賢い方法でしょう。現在では、実店舗の取り扱い情報もインターネットで見られる場合も多いので、面倒ならそちらで確認をおすすめします。なお、中古で購入するなら、未来の出費を考えるために、車検が残っている期間をきちんと把握しなければいけません。年間にかかる税金のほうは、軽自動車が目に見えて安いのですが、車検の料金はほとんど同じだからです。そのため、残りの車検が短い安価なものを購入するよりも、長めに残っている少し高めのものがお得なケースもよくあります。

新車にはない魅力

点検

軽自動車の購入を検討していて、新車と中古車のどちらを選ぼうかと思案している方もいるかもしれません。確かに新車は誰も試乗していない最新モデルに乗れるというメリットがありますが、中古の軽自動車も新車には負けない魅力を秘めています。新車と比較した場合、中古の軽自動車を購入するときの最大のメリットはその価格の安さと言っていいでしょう。新車で軽自動車を購入した場合は、登録の手続きなどを合わせると100万円以上はかかります。中古の軽自動車なら50万円以下で販売されている車もたくさんあるので、予算があまりない方にも購入しやすいことでしょう。それに、選択できる車種の豊富さも中古の軽自動車の魅力と言えるでしょう。古いモデルからつい最近もモデルまで数多く市場には流通しています。また、新車の型落ちモデルが、新古車として販売されているケースもあります。このように数多くの車の中から予算に合わせて、自分好みのカラーやタイプの車を選んでいけるのが中古軽自動車です。さらに、購入から納車までの期間が短いのも、中古軽自動車の良いところだと言えます。新車で購入した場合は納車まで2週間は見ておかなくてはいけませんが、中古車なら1週間もあれば車を運転できるようになります。このことから、すぐにでも移動の足を確保したいという方には打ってつけです。軽自動車を購入する際は新車という選択するのもいいのですが、中古には特有のメリットがあります。軽自動車を購入する際は、中古のメリットも考慮して選択してください。

ハイグレードな装備も

模型

軽自動車を中古で買うメリットとして、第一に価格が安いことを挙げないわけにはいきません。最安値レベルの中古軽自動車なら、数万円でも手に入れることができます。そこまで安いと故障が心配という方もいますが、車検に通った中古車なら実用には問題ありません。車を資産と考えて高値で転売する気なら別ですが、数年で乗り潰すつもりだったり、初心者ドライバーの練習用と割り切るなら、中古の軽自動車は絶好の選択肢になるでしょう。最近では軽自動車でも、カーナビはもちろんアラウンドビューモニターやスマートアシストなど、グレードの高い装備が次々に付けられるようになっています。こうしたオプションを取り入れると、軽自動車でも普通乗用車とあまり変わらない価格になってしまいます。豪華な装備は欲しいが、予算が足りないという方も多いでしょう。新車なら低グレードで我慢しなくてはいけない場合でも、中古車なら一段階上のグレードを選ぶことができます。納車までの期間が短いことも、中古車を購入するメリットです。新古車なら中古といっても、新車とほとんど変わらない感覚で使用できます。軽自動車は耐用年数が低く設定されているので、ある程度の年数が経過すると急激に値段が下がりますが、日本製の機械がそれほど急激に劣化するとは考えられません。ただし新車に比べるとメーカー保証が手薄というデメリットがあるので、購入するときは信頼できる中古車店を選ぶことが大切です。